ロングが人気!キャバドレスをお得に利用しよう

レンタルドレスを利用

ドレス

結婚式の二次会にはどんな服装で行けばいいのか分からないという人は少なくないと思います。披露宴では服装マナーを気にしなければなりませんが、二次会だと「服装の規定なし」や「平服で」と書かれていることが多いのではないでしょうか。まずは、基本的なマナーや好ましくない服装について知ることから始めましょう。まず、二次会といえども主役の花嫁と同じ色の「白」の二次会ドレスは避けるのがマナーです。二次会ドレス選びのポイントとしては、ピンクやワインレッド、紺や紫のドレスが良いかもしれません。ただし、ベージュ系の色は光の当たり具合で白に見えてしまう可能性もあるので注意が必要です。また、季節感を出すために、冬なら濃い目の色、夏なら薄めの色という風に工夫してみると良いでしょう。二次会はカジュアルなパーティですが、カジュアルになりすぎるのもよくありません。華やかな会場にジーンズやトレーナーで行くのは避けましょう。また、逆に華やかすぎるのもNGです。丈の短いスカートのように露出の多い服装は、主役の花嫁よりも目立ってしまう可能性があるので避けましょう。無難なのは、シンプルかつ上品な二次会ドレスかワンピースなどが良いでしょう。二次会ドレスはレンタルすることも出来るので、活用すると良いです。また、二次会ドレスだけではなくレンタル利用出来るドレスにはキャバドレスも挙げられます。キャバドレスにはミニとロングがあり、自分の好きなドレスをレンタル利用することが出来るでしょう。ロングにも色々な種類が存在するので、気になるキャバドレスがあれば気軽に活用すると良いです。購入するよりもお得に着用することができ、毎回違ったキャバドレスを着ることが出来るのでオススメです。

持ち物の基本

レディ

結婚式の服装に合わせて持参するバッグは、できるだけコンパクトでフォーマルなものが良いでしょう。持ち物を最低限必要なものだけにするのも、結婚式で目立ち過ぎないための大切なマナーです。

詳しく見る

マナーを考える

ウーマン

結婚式の服装を準備するときはマナーをしっかりと守る必要があります。このマナーには様々な項目がありよくわからないという方も多いでしょう。ですが最近では分からなくても大丈夫なようにセット販売がされています。

詳しく見る

基本が大事

婦人

ドレスをレンタルするときには、どのようなコーディネートにしていくか考えていくでしょう。また、マナーもあるので、それらを守り納得のいくドレスを選んでおくことが大切といえます。

詳しく見る